東大門市場(トンデムンシジャン)と南大門市場(ナムデムンシジャン)の違いについてのご紹介です。各市場の違いや特徴もご確認できればと思います。

 

東大門市場(トンデムンシジャン)

 

東大門市場(トンデムンシジャン)-동대문시장
東大門市場(トンデムンシジャン)は大韓民国ソウル特別市、漢江の北に位置する繁華街である。南大門市場と並ぶソウル二大市場の一つ。

ソウル市内にある四大門の一つ興仁之門(東大門)の西側に位置しているが、広蔵市場、東大門市場、新平和市場、東平和市場、興仁市場、第一平和市場、光煕市場などから構成される。「Hello apM」「斗山タワー」や「ミリオレ」などのファッションビルが立ち並ぶ。

卸売市場が中心のため、深夜まで営業され、口頭で価格交渉を行う独特のスタイルで取引を行う店が多い。市場は小売としての機能のほかに地方都市からの買い付けに対する問屋としての機能も持つため、高速バスの運行時間に合わせ夕方から翌朝にかけて営業する。

近代的なビルと雑多な屋台がコントラストを描いているが、李明博前大統領が市長時代に、清渓高架道路となっていた蓋が撤去され、清渓川河岸は整備され、市民の憩いの場となっている。
東大門市場について
東大門市場
地下鉄1号線・鐘路5街駅の周囲に衣料品、日用品、雑貨品、寝具品などの専門店が立ち並ぶ。

東大門総合市場
地下鉄1・4号線・東大門駅の目の前に位置する。生活用品や布地を取り扱う店舗が犇いている。

広蔵市場
地下鉄1号線・鐘路5街駅の西側に位置する。食料品店やチマチョゴリ用の布地を扱う店が多く立ち並んでいる。

平和市場
東大門総合市場の近くに位置する。書店(古本が中心)や洋服を取り扱う店が多い。

その他
地下鉄1・4号線・東大門駅の東側にも『第一平和市場』『光煕市場』『中央市場』があり、衣料品や雑貨品などを扱う店舗が揃っている。

東大門市場 – Wikipedia続きはこちら→

 

 

南大門市場(ナムデムンシジャン)

 

南大門市場(ナムデムンシジャン)-남대문시장

南大門市場(なんだいもんいちば、ナムデムンいちば)は大韓民国ソウル特別市、漢江の北に位置する繁華街である。東大門市場と並ぶソウル二大市場の一つ

歴史ある建造物である新世界百貨店本店(日本統治時代には三越百貨店(京城三越)であった)、中央銀行である韓国銀行本店、民間銀行の国民銀行本店がある。また、近くに繁華街明洞がある。

ソウル市内にある四大門の一つ『崇礼門(南大門)』を起点に、四方およそ200~500mの中に大小約1万店以上が立ち並ぶ。日用品や食料品、衣料品が中心となっており、買物客で常に賑わいを見せている。日本人観光客にも人気の高いスポットの一つであり、土産物を販売する店も少なくない。深夜営業の店舗もあるがそれらの多くは卸売業的な性格を持っており、韓国国内から仕入れに訪れる人が多くいる。

近代的なビルが立ち並ぶ東大門市場と比べ昔ながらの市場の風景が残っているといえるが、ファッションビルの「メサ」が開業するなど姿を変えつつある。

南大門市場 – Wikipedia続きはこちら→

日韓貿易のプロが御社をサポート!

901
901

次のようなことでお困りではありませんか?

買い付ける場所がわからない
仕入れに使う言葉や文書の読み書きに自信がない
• 一番安い発送方法がわからない
• 商談相手にうまくこちらの要望を伝えられない
• 商品のクレーム対応や補償に不安がある
OEM製作したいけど、どこから手をつけていいのかが分からない
• 新しい仕入先の開拓、価格交渉で困っている
• 時間があまりなく韓国に行けない
• 日本で安心して相談できるパートナーが欲しい などなど・・・

ご安心ください!
16 年以上日本と韓国間の貿易業務に関わってきた、901がお客様の信頼できるパートナーになります。
只今、24時間無料相談受付中です。→